にがりは単なる凝固材ではありません。昔ながらの甘みと風味のある豆腐を作る影の主役です。

職人の塩梅

にがりを豆乳に入れ、かき混ぜる工程は熟練の職人が担当しています。豆腐と豆乳ではその加減を微妙な「塩梅」に変えています。

室戸海洋深層水

にがりの素になる海水は、高知県室戸の沖合から取水しています。さまざまなミネラルを含んだ人間の体液組成にきわめて近い水です。

粗製海水塩化マグネシウム

室戸の海洋深層水から作ったにがりは単なる凝固作用のみならず、豆腐独自の淡白な美味、きめ細かな舌触りや食感などを生み出します。